『手紙』は有料?お得な動画視聴方法は?

Pocket

手紙
 

 

公開:2006年 | 制作:日本

 

『手紙』の見どころ/ストーリー紹介

この兄と弟の絆は言葉にできない。東野圭吾の代表作をTBSの名ディレクターが映画化
「3年B組金八先生」などのTBSの名ディレクターが東野圭吾のベストセラーを大胆に脚色して映画化。小田和正が歌う主題歌が流れる時、涙を止めることができるだろうか?
漫才師を目指す武島直貴は、人には言えない秘密があった。それは服役中の兄がいるということ。兄・剛志は直貴の学費のために盗みに入り、誤って人を殺してしまったのだ。やがて直貴が若手お笑いコンビとして注目され始めた時、秘密が世間に知られてしまう…。
悲痛な思いを抱えて生きる主人公を演じた山田孝之の演技が素晴らしく涙を誘う!また主人公が漫才師を目指す設定ということで、当時の太田プロの若手が多数出演している。

以前は、『手紙』は、レンタルビデオ店でDVDやブルーレイを借りて観てましたが、今は動画配信サービスを利用して無料で視聴する事をオススメします。

特に私がオススメする動画配信サービスは、31日間の無料トライアルを実施中のU-NEXTをオススメします。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。


 

『手紙』のキャスト・スタッフ

出演 (武島直貴) 山田孝之
(武島剛志) 玉山鉄二
(白石由美子) 沢尻エリカ
(中条朝美) 吹石一恵
(寺尾祐輔) 尾上寛之
(倉田) 田中要次
山下徹大
石井苗子
原実那
松澤一之
監督 生野慈朗
原作 東野圭吾
音楽 佐藤直紀
脚本 安倍照雄
清水友佳子
製作 宇野康秀
大澤茂樹
高瀬哲
細野義朗
日下孝明
常田照雄

 

 

U-NEXTってどうなの?

U-NEXT の運営会社は、店舗のBGMなど有線放送サービスの音楽配信事業を行っている株式会社USENという日本の会社です。

2007年にテレビ向け動画配信サービス『ギャオネクスト』として動画の提供を開始し、無料動画サイトのGyaOやGyaONEXTを経て2009年からU-NEXTに名称を変更したデジタルコンテンツの提供事業者として歴史のある会社です。

U-NEXTは、映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが、最新作品から名作まで充実したラインナップで、いつでもどこでも楽しめる日本最大級の動画配信サービスです。

作品数も見放題、レンタル全部合わせて150,000本の作品がラインナップされていて、見放題作品はもちろん、映画やドラマなど公開されたばかりの最新作も充実しています。

また、動画のジャンルも様々用意されていて、中でも他社ではあまり扱われていないアダルト作品のジャンルも品揃えが充実していて、無料トライアル中でも15,000本以上の動画が見放題です。

この様に作品数などバランス良く充実しているU-NEXTは、おススメの動画配信サービスです。


 

『手紙』をU-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

31日無料視聴OK

 

違法アップロード動画を視聴する危険性

昨今では、色々な動画サイト存在しています。

著作権者から許可をとって動画の配信を行っている、U-NEXTなどを筆頭にした有料のVODサービスと、それとは逆に、著作権者に対して無許可で違法に動画をアップロードしそれを配信している動画共有サイトが有ります。

今回は、この違法にアップロードされた動画を見る事を違法視聴と言いますが、違法視聴の危険性について調べてみました。

まず、違法視聴の定義は著作権者から許可をとっていない動画を見る事となっています。

無許可で配信された動画は、著作権を無視しているため法律違反になります。

そのため、その動画を見た人も法律違反になるのではという理屈ですね。

結論的には、視聴しただけでは逮捕される可能性は低いと言えます。

文化庁も公式見解として、この様なケースは刑事罰の対象にはならないと明言しています。

しかし、法律の解釈は文化庁ではなく裁判所が行うものですからものですから、刑事罰の対象になる可能性はゼロとまでは言えません。

※著作権者(平たく言うと作った人)が持つ権利。著作権者に許可を得ずに著作物(作ったもの)を勝手に扱うと著作権に違反することになる。

そしてもう一つの危険がウイルスへの感染・個人情報の抜き取り ・悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導 の可能性があります。

運営管理が不明の動画共有サイトでは、この様な高いリスクが伴う事を忘れてはならないでしょう。

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。


 

『手紙』の関連動画(YouTube)


 
 
 
 

 
 
 
楽天ブックス